Joel

Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/18 (Fri) 16:46:16

Crufts 2016に行ってきました。

そこで見た犬たちと

そこで感じたことのすべてをお話します。

ここに書かれていることを見ないということは、あなたのドッグライフにおいて、大きな損失になります。

みなさんお誘い合わせの上、ご覧になるべきです。

そして、もう15日間になりますが、今月の3日から・・・。イギリスに出発したのが7日ですから、イギリスに出発する前から、ずーっとBBSが閲覧できなくなってしまって、とうとうこのBBSを使っていかなければならなくなっています。復旧次第、もとに戻しますが、しばらくこのBBSを使うことにしました。

すべての返信を閲覧するためには、左下の「すべての返信を読む」をご覧ください。

今日は、とりあえずさわりだけ。

今さっき、午後4時くらいに自宅に帰りました。

昨日の朝6:00に、滞在先のイギリスのお友達のブリーダー宅を出てから、今まで25時間くらい寝てません。

トランスファーしたアムステルダムでは、飛行機に乗り遅れそうになり大変なことになりました。そして、大麻を吸い放題のアムステルダムから成田に到着して、ちょっと普通の人ではない雰囲気だと思われたのか、何度も何度も何度も麻薬犬がやってきて・・・というか、係官が何度も私の体を犬にクンクンさせて・・・(笑)「残念ながら、やってないんだよ~☆ごめんね☆」と、ラブラドールをナデナデしてたんですが、それでも、さらに何度も何度もクンクンさせられていました・・・

普通の人の5倍クンクンされてました。

そして、成田から羽田にバスで行って・・・、道路が混んでて、それでも疲れて、そこから2時間待って、さらに飛行機に2時間乗って、ようやく、やっと、到着しました。

今日は疲れたので、明日から少しずつ紹介していきます。

とりあえずゴールデンのジャッジちょっとだけ♡
https://youtu.be/boZTJ-kOHZI
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/19 (Sat) 11:48:07

毎回そうですが、海外に行ったときの話しは、どの国のどの空港を経由して行ったかなど、細かい部分までご報告します。まだCruftsに行ったことがない方、あるいは海外に行ったことがない方もいらっしゃるかもしれませんので、今後の参考になるように、非常に具体的にお話していきます。

今回は3月7日~18日までの旅でした。

Mar/07/2016

NH650
Departure/Kumamoto/20:30
Arrival/Tokyo.Hnaneda/22:05

Mar/08/2016

AF293
Departure/Tokyo.Haneda/0:30
Arrival/Paris.CDG/5:30

AF1668
Departure/Paris.CDG/7:30
Arrival/Manchester/7:55

----------------------------------

Mar/17/2016

KL1082
Departure/Manchester/10:50
Arrival/Amsterdam/13:10

KL861
Departure/Amsterdam/14:25
Arrival/Tokyo.Narita/9:30/Mar.18.2016

JL631
Departure/Tokyo.Haneda/13:00
Arrival/Kumamoto/14:50

----------------------------------

家を出たのは3月7日なんですが、熊本空港から全日空のNH650で22:05に羽田空港に到着しました。そして日が変わって、3月8日の0:30に、エールフランスのAF293で、パリのシャルルドゴール空港に向けて出発しました。まあ目的地はイギリスのマンチェスターなんですが、パリで飛行機を乗り換えてマンチェスターに向かいました。

マンチェスター空港に到着したら、入国審査の紙に滞在先を書かなければなりません。ホテルの名前などを。ですから「自分の友達の家。住所は忘れました」と書きました。いつもどこの国に入国するときもそう書いて入国しているからです。しかしアメリカと同じくらいテロの危険がある現在のイギリスは他国と違っていました。

「住所がわからなければ、電話やEメールで調べて書いてください」と言われて、「え???」となって、スミっこに追いやられて、そこには、なんかダメ人間みたいな人たちが3人くらいいて、「どうしていいかわからない」みたいな顔をして座っていました。

日本人は私一人で、「こんなところに1秒もいたくない」と思って、慌てて滞在する予定のブリーダー宅に電話したんですが、「俺を迎えに来るためにこの空港に来てるはずだから、電話なんて出ないよな・・でも、息子が迎えに来るとかも言ってたな・・・。わからん。電話してみよ」などと思いながら、とりあえず電話してみました。

そうしたら、誰かわかりませんが、年配の女性が電話に出て、住所を教えてくれました。

その住所を言われるまま、入国審査の紙の裏に書いて、「ハイこれ」と言って係官に見せたら、「わかった。いいよ」と言われて、20分くらい遅れてやっと外に出ることができました。

スマートフォンで、マンチェスター空港のwifiを使って、ブリーダーの犬舎のホームページを見つけて、その中の電話番号にかけたんですよ。

そして、「自分のスマートフォンを、世界中どこでも電話できるようにしておいてよかった~」と思いました。

なんかいきなり綱渡りだな・・

と、思いながら、なんとかブリーダー宅に向けて出発しました。

しかし、電話に出た女性は誰なんだろう・・

https://youtu.be/CwfCRpR1W_Q

https://youtu.be/s1GY2ck8DMw

https://youtu.be/y_WnlulvP1o

https://youtu.be/6HT7MWZXFNU
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/20 (Sun) 13:45:56

ブリーダー宅に到着して、家の外や中を散策していましたが、家の中を撮影したものをYoutubeにアップしないで。と言われましたので、ほんの少しだけご紹介します。小さい子供がいますので部屋が散らかっていて、誰にも見せたくないと言われました。ですから、家の中の動画は、本当はたくさんあるんですが、これだけご紹介します。そして限定公開ですので、Youtubeの検索では出てきません。このアドレスを知っている人しか見れません。

最初、すぐに驚いたのは、天井まで手で触れるということでした。それくらい天井が低いんですね。おそらくそのほうが暖房の効率がいいんだと思います。ですから家自体も小さくて、妖精の家のようでした。

少し前まで大きな家に住んでたそうですが、この家に引っ越したそうです。

ここに10日間滞在して、ここからCruftsのドッグショーに行きます。

そして家の中に入るとすぐにわかったんですが、空港の入国審査のとき、電話で住所を教えてくれた女性がいました。ジェスという女性で、手を骨折してしまったんですが、ちょうどそのとき子犬が生まれたばかりだったので、このブリーダー宅に子犬と一緒にやってきて、子犬の面倒を見てもらいつつ、自分もこの家にずっと寝泊まりしていました。9週間、ずっとここにいるって言ってました。

いや~、この人がいてよかったです。

いなかったら、まだ空港に閉じ込められてたかもしれません。

動画の中に子犬が出てきますが、それがジェスの子犬たちです。私が滞在中に、全部の子犬が新しい飼い主のところに行きました。1頭はスペインに送られていきました。

https://youtu.be/HW3Urj-0Vb8

https://youtu.be/09-LYZ-Kl18
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/26 (Sat) 07:39:19

まだ風邪がぜんぜんよくなってなくて、頭がグラグラしてるんですが、ちょっとだけ続きをご紹介します。

イギリスに到着して次の日は時差に体を慣らすために休んでて、その次の日の朝、AM5:00に家を出て、私が滞在しているブリーダー(スーザン)の友達のバーバラというトイプードルのブリーダーが、Crufts初日のToypoodleのジャッジに犬を出場させるということで、バーバラと一緒にCruftsに行くことになったんですが・・

まず、ジェスの旦那さんのスティーブが朝やってきて、私をバーバラのところまで送ってくれて、そこからバーバラとCrufts初日に向かう・・ということだったんですが、スティーブが道に迷って、ようやく待ち合わせ場所のガーデンセンターというガーデニングのホームセンターみたいなところに到着して、なんとかバーバラとCruftsに向けて出発することができました。

いかん。

風邪がやっぱり酷い。

まだ無理です。

頭がグラグラして、何も考えられない。

ちょっと、これはあと一週間くらい無理かも・・

動画の中で、500ポンドのロットワイラーの絵を81000円などと言ってますが、あれは寒さと興奮で間違えています。85000円です。また、その他にも間違ってるかもしれませんが、今は、もうちょっとベッドに行きます。

死ぬ・・

あー、そーそー、ショーに勝ったら車をもらえるなどとも言ってましたが、そんなのもらえません。ただ売ってる車です。

とにかく、ドッグショーに出場する関係者として会場に入っていますから、一般客が入ってくるのはずっとあとで、まだお店は準備中か、まだ閉まってて誰も来ていない状態なので、それを踏まえてご覧になってください。

あー・・

死ぬ・・

https://youtu.be/fRCZeXxsp3o

https://youtu.be/VzGk_RHEJpo

https://youtu.be/6EQiLLUgxjA

https://youtu.be/m5wGs4-hRB0

https://youtu.be/aBZcFTBc6ck
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/27 (Sun) 08:37:38

もー。風邪で寝てるのに・・

2~3日前から、ずーっとオランダからメールがあって、日本人には絶対子犬を売らないアメリカのある犬種のブリーダーの子犬を買って、オランダに送って、180日間飼育して日本に送ってくれ。と言って半年くらい前から話しを進めていたら、アメリカからオランダに子犬を連れてくるのに43万円も必要だとかぬかしやがって!!

もー!!

風邪で寝てるのに!!

アメリカの自宅まで子犬を迎えに来ないと子犬を売らないというブリーダーであることは知ってましたが、だから何なんだ。なんで43万円も必要なんだ!!そんな金額、子犬を買う日本の依頼者に言えるわけないじゃん。

なんかデトロイトに飛行機で行って、ワシントンDCまでレンタカーで6時間運転して、それを帰りもやって、オランダ国内に入国するときに、子犬の税金が何万円も払わなきゃいけなくて・・・

だあかあらああ!!

半年前の最初に言えよ!!

子犬を買う人だって、あきらめることだってできたんだから!!

ふざけやがってー!!

いつもいつもそのときにならないと金額を言わないし、すげーバカ高い金額を言うときがありすぎる。海外のやつら。

2000万円とか3000万円とかでチャンピオン犬を買う日本人がいるから・・

まったく・・

実際は、300万円~1000万円なのに・・

考えられない。

ていうか、何も考えられない。

風邪で頭がぼーーーーー・・・

もー知ら~ん

しかし、オランダに送金すると言っても、銀行に行けない。猛烈に酷い風邪なんですから。

それで仕方なくPCを点けたので、一応、BBSを更新しておこうかな。と思って、Crufts初日の様子をご紹介します。

まだこのときは、ぜんぜん何がどうなってるのかさっぱりわかっていませんが、動画をご覧になってください。

周囲がとてもうるさいので、大きな声で話しているので、かなりのダミ声で聞き苦しいと思いますが、気分が悪くなった方は途中でやめてください。ま、言われなくてもそうされると思いますが(笑)

https://youtu.be/nH5LnSq9W4M

https://youtu.be/Bn1by9S-Ibs

https://youtu.be/QnLD_Cr7I0Y
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/28 (Mon) 09:42:14

少し体調が戻ったので、少しずつ今回のCrufts視察旅行についてご紹介していきます。

いや~。完全に1週間熱で寝込んでましたからね。生まれて初めてですよ。こんなこと。

まだ完全には体調は戻っていませんが、BBSにちょこっと書き込むくらいなら、なんとかなりそうです。それでもギリギリですけどね。みなさんへのメールはちょっと待ってくださいね。たぶん、あと2~3日したら全快すると思います。

とにかくCrufts初日は、何が何やらさっぱりわからずに、動画でもトンチンカンなことを言っていますが、簡単に言うと、オスメス別で、パピー、ジュニア、アダルトの中でたくさんのクラスに別けられていて、それぞれのクラスで1番を決めていきます。

そして最後に、全部のクラスの1番だけが集まって、その中で1番を決めて、それがオスの1番とメスの1番ということになって、最後に、オスの1番とメスの1番をジャッジして、BOBが決まります。

これを全犬種行うんですが、まだ初日のトイプードルのところで、あーでもないこーでもない。と言って、そこにばかりいたので、イングリッシュブルドッグやフレンチブルドッグの存在を忘れて、かなりの長時間を費やしてしまいました。

https://youtu.be/lWsN8qFa9ac

https://youtu.be/QMD_B6mN1nk
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/29 (Tue) 07:23:09

トイプードルのジャッジに飽きて、会場をうろうろし始めました。

そして、うろうろしていたら、あまりにもたくさんのお店とイベントが行われていて、チョウチョが、次の花次の花と移っているうちに、いつの間にか遠くまで来てしまっていたかのように、信じられないくらい遠くまで来ていて、自分がどこにいるのかわからなくなり、それでも、そんなこと知ったことじゃねーぜ。と言って、いろいろやった挙句、最も重要な、イングリッシュブルドッグとフレンチブルドッグのところにたどり着いたのは、午後3時くらいでした。

そしてそのときには、完全にスマートフォンのバッテリーがなくなっていて、動画も撮れなくなっていました。

やっぱりビデオカメラを買っておくべきでしたよね~☆

こうして、きちんと記憶にも残っていない感じで、あっという間に一日目は終わっていったのでした・・

https://youtu.be/WTk-jCGRDd8

https://youtu.be/w_SZ21yVDV0

https://youtu.be/H2TsC8a4cWg
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/30 (Wed) 09:21:35

さてCrufts二日目に突入します!

二日目はGUNDOGの日です!

GUNDOGにはゴールデンが含まれています!

ゴールデン気になりますよね!

その前に・・

私が滞在しているスーザンの自宅には3歳の息子がいて・・・

一番上の長男が25歳で、二番目が16歳で、3番目が3歳・・・どーゆー子供の産み方をしてるんだ!!この無計画SEX人間は!!という気持ちになりますが、この3歳のハリソンという苦祖ガキが、ぜんぜん言うことを聞かないんですね。すげーブン殴ろうと思ったんですが、殴らずじまいで帰ってきました。クソ!殴っとけばよかった!(後悔)

このクソハリソンが、幼稚園から毎週風邪をもらってきて、ゴホゴホゴホゴホ!!・・・と咳をしてるんですが、私がソファーでタブレットを見ていると、私のヒザの上に勝手に座って、私のほっぺたに自分のほっぺたをくっつけて、ゴホゴホゴホゴホゴ!!・・・と咳をし続けるわけですよ。絶対風邪がうつるじゃないですか。しかしスーザンは、子供の風邪はうつらないなどと宇宙人のような理論を展開して、ほったらかしにしてるもんですから、「お前向こう行けよ」と言ってハリソンをどかそうとすると、「うぎゃーーーーーー!!!!」と言って叫び声を上げるので、早く、頭が陥没するくらい殴ればよかったと思っています。

くそー一回も殴らなかった・・

そして、Crufts二日目、朝、6時頃ジェスのだんなのスティーブの車で向かってたんですが・・・、ワゴン車にニューファンを2頭載せてたんですが、後ろのドアが20センチくらい開いてるんですよ。それで「うしろ開いてるよ」といったら、「あー大丈夫大丈夫。犬たちに新鮮な空気を入れるためだから」

・・・・・俺がぜんぜん大丈夫じゃねーーーーんだよーーー!!!!

死ネ~!!! 死んでしまえ!!!

寒み~寒み~寒み~寒み~寒み~寒み~寒み~寒み~

家では、ハリソンがヒザの上でゴホゴホゴホゴ!!!

外に出ると、窓を開けたまま走る車・・

私はこれで、ひどい風邪をひきました。

今日で寝込んでから10日目です。

まだ完全にはよくなっていません。

ロンドンは樺太の真ん中あたりと同じ緯度です。宗谷岬のはるか北ですよ。

寒いんですから。

まあイギリスは海に囲まれていて、暖流がありますから、北京よりはぜんぜんいいんですが。

そしてこのスティーブは、ちょっと間抜け野郎なんでしょうね。車の中は臭いが酷いし、片付けられなくてめちゃくちゃだし、窓は凍ったまま、ずーっとワイパーつけっぱなしだし、ちょっとアホなんですよね。あ~あ・・

https://youtu.be/MSBcqFn6nQA

https://youtu.be/XMRlwyUq_bc

https://youtu.be/51IKovMLg1o

https://youtu.be/4UfDUmIwyqY
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/30 (Wed) 15:40:21

ゴールデンのジャッジ☆

気になりますよね☆

最も重要なのは、3日目のワーキンググループですが

その前に、日本でも人気のゴールデンをご覧になってください。

イギリスを中心に、ヨーロッパのゴールデンが大集結しています。

https://youtu.be/qdmJrxtlb_U

https://youtu.be/IpO6Ektkarg

Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/03/31 (Thu) 09:09:32

だあかあらあ☆

まだまだゴールデンいくゼ☆

これを見よ☆

https://youtu.be/boZTJ-kOHZI

https://youtu.be/CO95WFdEXi8

https://youtu.be/jwIjsOf8QkM

https://youtu.be/cCX4H_np85I

https://youtu.be/52TZm78FD0w

Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/01 (Fri) 07:36:31

ちょっともーゴールデン飽きた。

なんかいろんなところをうろうろしてこよ~☆

それで、ラブラドールや、スパニエルのところをウロウロし始めました。

そうしたら、簡単には元の場所に戻れなくなって・・

遠ーーくの、なんかわけのわからないところに行って・・、そしてさらに、いろんなお店を見てるうちに、もー、宇宙の果てに出かけて行って、あんなことや・・こんなことをしているうちに・・、時間と空間を超えた、違う次元の同じ場所に戻ってきていたのだった・・

これは・・

もしかしたら、2016年のCruftsではなく、3015年くらいのCruftsなのかもしれない・・

いつの間にか、またゴールデンのところに戻ってきて、ゴールデンのジャッジを見ながら、私は独りで、そう思ったのだった・・・

by Mr. Nanio itterunda

https://youtu.be/NOhYJWl8iPg

https://youtu.be/O-k_SmKgF0g

https://youtu.be/cdd8geRlEBI

https://youtu.be/bcE335Ts5jE
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/02 (Sat) 16:17:21

ゴールデンを見てたら、あっという間に二日目が終わってしまいました。

そして、帰って寝たら、すぐ三日目に突入してしまいました。

だいたい、Cruftsが終わって帰ると、午後6時半~7時くらいになっていて、晩ゴハンを食べるとすぐ9時くらいになるので、もうすぐ寝ないといけないんですよね。次の日の朝5時には出発しなければなりません。明日、スーザンのニューファンが3頭出場します。そしてジェスのだんなのスティーブのニューファンも1頭出場します。

それで二日目が終わって帰ると、あっという間に寝る時間になって、起きたら三日目になっていました。

今日は最も重要な、ワーキンググループの日です。

ニューファンはもちろん、マスティフ系のすべての犬種、ロットワイラー、グレートデン、ボクサー、ドーベルマン、レオンベルガー・・・・カッコイイ犬種がじゃんじゃん出場します。

朝、6時半には会場に到着して、まだほとんど人がいない会場で、好みの犬たちがやってくるのをずっと見ていました。

ただ一つだけ問題があって、スーザンのメインの勝負の犬のタイラーという犬がいるんですが、この犬は、ルーマニアのドッグショーに行っていて、2日前にイギリスに帰ってきたんですが、そのルーマニアで、ニューファンのドッグショーとブリーディングをスーザンと一緒にやっているジュリアという女性がいるんですが、その女性が、タイラーの毛を、テディベアカットのようにカットしていました。

ニューファンという犬種は、毛がモサモサしてるのが大きな魅力の一つです。

それを知っているはずのジュリアが、なぜそんな変な形にカットしてしまったのか・・・

スーザンは悲しみのあまり、ずっと泣いていました。

今回、タイラーは、オープンクラスという、ほとんど数カ国以上でチャンピオンになっている犬やインターナショナルチャンピオンだけが集まるクラスに出場しましたが、このクラスで1番に選ばれた犬が、だいたいどの犬種もBOBになることが多いんですが、ここで2位でした。毛をカットされていなければ、間違いなく1位で、BOBに選ばれていたはずです。実際に、このオープンクラスで1位だった犬がBOBに選ばれました。

残念でした・・

https://youtu.be/A-nEr__JZ9s

Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/03 (Sun) 15:12:33

ロットワイラーのジャッジが始まりました。

とうとう始まりました。

ずっとこのときを待ってました。

まだ誰もいないときに、一番全体が見渡せる場所の一番前の席を確保しました。そこから動かずに、ずーーっとロットワイラーのジャッジを見ていましたが・・・。しばらくすると飽きてくるんですよね(笑)。ずっと同じ犬種を見ていると。そしてニューファンの応援にも行かなければなりません。それで、しばらくしたら席を立って、またうろうろし始めましたが、かなりの時間ロットワイラーのリングにいました。

結局、同時進行で、すべての犬種のジャッジが行われているので、一つの犬種をずーっと見ていると、全部の犬種のジャッジがどんどん進んでいって、あっという間にすべてのジャッジが終わってしまって、一日が終わってしまいますので、重要なところだけじっくり見て、できるだけいろんな犬種が見れるように、かなりあちこちウロウロしていました。

https://youtu.be/Re32Lj6Rvx0

https://youtu.be/-R5l6rq7iAs

https://youtu.be/ZC3EikIbn1c

https://youtu.be/JJK7NkBxOho

https://youtu.be/H_9frh8Wfjo
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/05 (Tue) 12:16:37

もうロットワイラー飽きた(笑)

ちょっとウロウロしてみよう。

興味のある犬は、体重を聞いてるんですが、「キログラム」じゃなくて「スタン」とか「スタンプ」とか・・なんか聞いたことがない単位で言われることが多くて、「スタンってなんだ・・」と思っていたら、あとでイギリス人の友人に聞いたら、「ストーン」っていうイギリス独特の重さの単位だそうです。

ポンドでさえいまいちわからないのに、ストーンってなんだ???石じゃん。ストーンって。

1ストーン=6.35029kg

だそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=3lhZ9Pr2CXg
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/05 (Tue) 13:31:36

ウロウロしてニューファンのリングに戻ってきたら、もうニューファンのジャッジが当然始まってて、到着したときは、私が滞在しているニューファン犬舎のスーザン(仮名)の犬が、ちょうど出場していました。

さすがにニューファンは人気の犬種なので、たくさんの人が集まっていました。

スーザンは3頭、スティーブ(仮名)も1頭出場させましたが、4頭とも選ばれました。

スーザンの犬たちは、1等、2等、2等、でした。

ジュリアに毛を切られたタイラー(仮名)は2位でした。

そのとき1位だった犬がBOBに選ばれました。

タイラーが毛を切られていなければ、間違いなく1位で、BOBでした、

残念でした。

しかし、4頭は、プロのカメラマンにたくさん写真を撮られていました。新聞、雑誌や、そのほかたくさんのところで彼らの写真が使われると思います。

雰囲気がいいですよね。ニューファンは。

とてもお洒落でカッコイイです。絵になります。

私もニューファン飼いたいんですケドね~

ニューファンとレオンベルガー・・・大好きです・・・

それなのになんでロットワイラーしか飼ってないんだろうか・・・

https://youtu.be/l586OQNRgt8

https://youtu.be/i-vTFY6HJog

https://youtu.be/6wPUXaCJ1NU

https://youtu.be/4c43wPkouI8

https://youtu.be/Vl_x9IGN8zU

https://youtu.be/wdQS6vqxpEA

https://www.youtube.com/watch?v=CN7qrUM67Bg

https://youtu.be/ZUnd70r3H1w
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/06 (Wed) 12:41:34

またロットワイラーに戻ってきました。

もう・・なんていうか・・

全部同時にやらないでくれぇぇ!!

と、言いたいですよね。

全犬種同時に進行されているので、一つの犬種をずっと見てると、ほかの犬種もどんどんジャッジが進んでいって、ぜんぜんほかの犬種を見ないまますべてのジャッジが終わってしまうんですよね。

ですから、ニューファンとロットワイラーばかり見てて、ほかの犬種がどうなってるのかわからないまま、あっという間に一日が終わってしまいます。

さらに、犬の関係のお店が無数にあるんですよ。ですからショッピングもしなければならないし・・

忙しいんですよね~☆

そしてさらに、このCruftsでジャッジをしていて、Crufts運営の役員をしているリズというお友達の女性に会いに行かなければならないことを忘れていて、急いで会いに行きました。その人は、今回、Crufts 2016のタダ券を、日本の私の自宅にエアメールで送ってくれた人です。そして今回、腕に付けるヤツで、Cruftsのどこでも通行可能の特別フリーパスをくれました。

やった~☆

これで、もうどこでも通行可能だもんね~☆

しかしもう、このときは、あまりにも長距離を歩きすぎて、ハアハア・・言いながら、あんまり頭も回らずに、思い浮かんだことをただ喋ってるような状態で、相当疲れていました。建物内のカフェなのに、オープンテラスのカフェだと言ってみたり・・、自動ドアのボタンを、自動ドアのトビラです。と言ってみたり・・。もう、とにかく会場が広いので、完全に疲れきって、ようやくたどり着いたような感じでした。

しかし疲れてるなどということは関係なく、物凄く楽しいんですよ。楽しすぎて疲れすぎている・・みたいな(笑)久々ですね。こんな感覚。子供の頃、遊ぶのが楽しくて、いつまでも遊んでいて、遊びすぎて疲れた感じですね。

だいたいもう足なんて痛くて動けないんですよ。しかしまだいろんな犬種を見なければ・・といって動き回っていました。

https://youtu.be/vDyJASlx_5g

https://youtu.be/anfl9dLQpGg

https://youtu.be/rGfN712cS0k

https://youtu.be/IEP_lqm5nXM

https://youtu.be/hbfzvlucKog

https://youtu.be/D_R5BKR_mug
Pass :
Joel

Re:Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/07 (Thu) 19:04:12

あーあ・・

ワーキングの日が終わってしまった・・

ニューファンとロットワイラーを見て

ウロウロしてたら、すぐ一日が終わった!!

これでよかったんだろーか・・

もっと計画性が必要な気がする・・

来年は、もっときちんと計画しよう。

来年また来ます。

みなさんも一緒にCrufts来ませんか? マジで。

絶対、愛犬家は全員来るべきです!!

メチャメチャ良い犬が山ほどいますよ。

目の前に、うじゃうじゃいるんですから。

絶対来るべきです。

あーあ・・

でも今年のワーキングは終わってしまった・・

きちんと見たのは、ニューファンとロットワイラーだけだった・・

しかし明日はベストインショーが決まる!!

明日は、高校2年のとき、初めて彼女の裸を見たときくらい

すげー見るのだ!!

絶対全てを永遠に覚えていられるくらいしっかり見るのだ!!

しかしすぐ忘れてしまって、また裸にしようとしたら、「なんか体が目的みたいでイヤ」などとぬかしやがるので、「うるせーはやくパンツぬげ!!」「あーもーぜったいイヤ。一生厚着し続ける」などという、急いでるのに面倒なやりとりをしなければならないのであった・・♡

https://youtu.be/VkvIYNsfkpQ

https://youtu.be/w69kZe8DZ8g
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/08 (Fri) 08:27:34

この腕に付けてるリズにもらったスペシャルパス。

これで、もうCrufts会場のどこでも通れるようになりました。

Cruftsの会場には、たくさんのゲートがあって、通常の観客が入場券を買って入るところが5箇所あるんですが、それとは別に、犬を出場させるオーナーやハンドラーだけが通れる通用口や、Cruftsの運営の人間だけしか通れないところなどがありますが、私がもらったこのパスがあれば、すべてどこでも通ることができます。もちろん、お金なんて一切払う必要がありません。

よーし。これで明日はベストインショーが観れる♡

やった♡

うれしー♡

・・・スーザンとスーザンの娘が、5時半くらいにようやくショッピングから帰ってきました。

そして、犬たちを連れて車に乗り込み、自宅に帰り始めました。バーミンガムから自宅までは、高速道路を使って車で約1時間半です。

その車中で、「明日は何時に出発するの?」とスーザンに聞きましたら。

「明日は行かないわよ」と言います。

「いやいや、何言ってんの?明日が一番重要な日じゃん。ベストインショーの日だよ」

「ベストインショーは誰も行かないわよ」

「え??何言ってんの??」

「ベストインショーは、毎年誰も行かないのよ。Cruftsは今日で終わり」

「???!!!」

というわけで、よく話しを聞いたら、ベストインショーのチケットというのはまた別の特別のチケットがあって、11月から1月くらいまで販売されて、行きたい人は、そのときに買うんだそうです。普通のイギリス人は、みんな3日目までしか行かなくて、ベストインショーはテレビで観るんだそうです。

私はそんなこと知らないですから、そのとき初めて知って、「ええええーー??!!マジでーー???!!!」となって、今日リズに持っていくのを忘れてた、日本から買ってきた「抹茶のお菓子の詰め合わせ」を「明日持ってくるから♡」と言ってきたのに、約束を果たせずに、「じゃあ、スーザン、今度リズに会うときに俺のお土産持って行ってくれよ」と言って、仕方なく諦めました。

だって、「どうしても行きたいなら電車で行って」なんてぬかしやがるんですよ。スーザンの野郎。ふざけやがって。車で1時間半もかかるところを・・・

いや!!、そう言えば、車より電車のほうが早いんだ!!

今気づいた!!

電車だったら、40分か30分くらいで着いてたに違いない・・・

あ、いや、高速道路で1時間半だから、30分ってことはないですね。どんなに早くても40分は必要ですね。しかしそれでも車より随分早いですよね。

クソー電車で行けばよかったぁー

せっかくすぺしゃるパスをもらったのに・・

3日目の最後の2時間くらいしか使わなかった・・

しかも、みんな通行する一番メインの入場口に入るときに2回だけ、「ほらこれ持ってるもんね~☆」みたいな感じで係りの黒服のスーツの人間に見せただけだった・・・

もっと使いたかった・・・

こうして、私の初めてのCruftsは、自分の想像しない残念な形で、突然、閉店ガラガラ・・と、シャッターを閉められたのでした。
Pass :
Joel

Re: Crufts 2016 に行ってきた話し

2016/04/09 (Sat) 08:55:28

というわけで、2016年のCruftsは終わってしました。

このあと、ベストインショーはテレビで観ました。

しかしビックリしたのは、スーザンは、ベストインショーの犬もリザーブの犬も、両方当てやがったんです!!。スティーブもジェスも両方ドッグショーのジャッジなんですね。もちろんスーザンもジャッジです。

私だけジャッジじゃない・・

さびしい・・

それで、みんなでベストインショーのテレビを観ていて、「どの犬が一番いい??」という話しをしていて、はっきり言って、私には、もうあのクラスになると全部良い犬に見えたんですね。それで、「わかんないな・・」と言ってたんですが、スーザンは、自信を持って、ホワイトテリアとウイペットが良いって言ってたんですよ。

こいつ・・できる・・と思いました・・

しかし、Crufts初日にトイプードルを出場させて、私を車に乗せて行ってくれたバーバラは、イギリスのニューファンドランドクラブのチェアマンで、ジャッジですし、私にCruftsの"どこでもフリーパス"をくれたリズは、今回のCruftsのジュニアの全犬種のジャッジをやってましたし、今回会った人たち全員がイギリス人ジャッジでした。

世の中はジャッジだらけなんですよ(笑)

こうして、3月10日~13日までの2016年のCrufts dog showは終わってしまいました。

私は3月17日までスーザンの家に滞在していました。

ここで重大発表があります!!

来年のCruftsから、今回、私が滞在したニューファンドランドのブリーダー宅に滞在して、実際にCruftsに出場するブリーダーの犬たちとその犬舎を見学しながら、Cruftsにも行ける。というツアーを行います。最低人数は3名、最高は5名。5名で終了です。

食事は朝と夜、2回はこのブリーダーが作ってくれます。本物のイギリスの家庭料理を食べて、毎日Cruftsに車で送迎してくれます。もちろん私も同行します。

みんなで行きましょう。

ホテルに滞在したい方は、下の動画の中に、このブリーダー宅から車で10分くらいのところにある近くのホテルがあります。BLACK LIONというホテルです。

期間は8日間です。ブリーダー宅に宿泊するのは6泊です。

また、日本の犬をCruftsに出場させることも行います。

さらに、日本の犬を、イギリスの複数のドッグショーに出場させて、イギリスチャンピオンにして日本に送り返す。ということも行います。

イギリス原産の犬種や、イギリス原産でなくても、イギリスチャンピオンになったら価値が上がる犬種などを飼っていらっしゃる方には朗報だと思います。

もちろん、間違いなくチャンピオンになれる犬だけをイギリスに送りたいので、事前に犬がハンドラー(飼い主)と走っているところを動画で確認して、この犬ならイギリスチャンピオンになれると私とスーザンが判断した犬だけをイギリスに送ります。

イギリスでショーに出場する期間は、スーザンの犬舎でその犬は飼育されます。費用は、Cruftsの場合は一日12ポンド(1ポンド=170円)、イギリスチャンピオンにする場合は、一日7ポンド(1ポンド=170円)です。ハンドラーは、スーザンか、スーザンの息子のジョナサンが行います。ハンドリングの費用は、1回60ポンド(1ポンド=170円)です。そのほかの費用につきましてはお問い合わせください。

日本にいる犬でも良い犬がいますよね。

もったいないです。

この犬だったら、絶対海外でもチャンピオンになれるのに・・

と、思ったことないですか?

イギリスチャンピオンにして日本に送り返します。

その犬のイギリスへの輸出と、帰ってくる際の日本への輸入はCOOLDOGSで行います。

ただ、日本のご自宅にワンちゃんを迎えに行って・・・ということはできません。また日本のどこに住んでいらっしゃるかで、どのようにしてイギリスまでワンちゃんを送るかが変わりますので、詳しくはお問い合わせください。

最低限の知識として、日本の犬が短期間海外に行ってまた日本に帰ってくるためには、日本を出発する前に、日本国内で、2回の狂犬病注射と1回の血液検査を行わなければなりません。180日間の係留期間は必要ありません。40日前までに日本の動物検疫所へ届出をしなければならないことや、航空会社の予約などはCOOLDOGSで行います。2回の狂犬病注射と血液検査と、出発までの飼育などもこちらでできる場合もありますので、お問い合わせください。

https://youtu.be/FWm2nbSaEiU

https://youtu.be/EKUThpxwYbk
Pass :
Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ s:4F4F][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ s:512B][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]