Joel

犬についてのエトセトラ 2

2018/06/28 (Thu) 15:56:42

犬についてのエトセトラ2

犬のことについて、なんでも雑談してみましょう。

みなさん、お伝えしておきますが、このページはブログではありません。掲示板です。

みなさんの情報交換の場所なんです。

しかし、これ掲示板っぽくないですよね。

話題のテーマのスレッドと、最新のコメントだけしか表示されませんからね。

しかし、これは掲示板です。

右上のオレンジ色の数字をクリックしてください。

その話題のすべてのコメントが表示されます。

みなさん、ここは私のブログだと思っていらっしゃるので、誰もコメントしませんから、私だけしか話していません。

ごく稀(まれ)に、どなたかコメントされる場合がありますが、ほとんど私しか話していません。

ですから、ほとんどの方が、このページは、私のブログだと思っています。

しかし、どなたでもコメントして結構なんです。

もちろん、なんか意味不明な、嫌がらせのコメントはやめてください。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2020/02/02 (Sun) 22:30:16

これは私が高校2年生のとき、友達の家で撮った写真なんですが

私は写真があまり好きではないので、ほとんど過去の写真が残ってないんですよね。

ですから、こんな写真しか残っていません。すみません。

このとき、イギリスのクラフトマンシップというブランドのサングラスを買って、「赤富士」という、東京の竹下通りと仙台と熊本にしかお店がなかった古着屋でスタジャンを買ったので友達に見せに行ったら、そのときその友達に写真を撮られたんだったと思いますが。記憶が定かではないです。

私は熊本市内で育ったんですが、中学生のとき、おっかけの女の子がたくさんいて、私が学校に行く通学路のいくつかの交差点や、学校の校門で待っている女の子たちがたくさんいました。

そして私の授業の時間割を調べていて、理科の実験や体育の授業で教室を出ていくと、目的地に到着するまでのあいだのいろんなところで待っていて、「キャー!!キャー!!キャー!!キャー!!❤❤」すごかったんですよ。

外で体育の授業があると、「○○さん頑張って~❤❤!!」と、校舎の、いろんな教室から大きな声で女の子たちが私の名前を叫ぶんです。

そして、もぉおのぉすごく頻繁に、「第二ボタンをください」と言われるので、ボタンを売店で買って、いつも3~4個ポケットに入れていました。

そしてボタンを女の子にあげると、すぐに新しいものに付け替えていました。

そして、「付き合ってほしい」とか、「交換日記をしてほしい」とか、なんとかかんとか、もう、毎日毎日、女の子たちが群がってきてたんですよ。

私たちのころは子供の数も多かったですから、ひと学年10クラス以上あって、500人以上いましたから、学校全体で1500人以上いました。

そして中学3年生のときは、他の中学の女の子たちも含めて、たくさんの女の子たちが、東京の芸能プロダクションに私の写真や手紙をじゃんじゃん送るものですから、「中学を卒業したら東京に来てアイドルになりませんか?❤」といって、東京の芸能プロダクションから、もうもうもうもう、ものすごく頻繁に電話がかかってきてたんですよ。あ、そうそう、私たちのころは日曜日しか休みではなかったので、日曜日の午後によく電話がかかってきていました。

中でも、ジャニーズ事務所には特に女の子たちが手紙や写真をじゃんじゃん送りますから、ジャニーズ事務所からも電話がかかってきていましたが、ジャニーさん本人からも何度も直接電話がかかってきて、

「○○くんさ~。東京に来てよ~」

「みんな待ってるよ~」

「東京に来てくれさえすれば、あとは全部僕がめんどうみるからさ~」

しかしジャニーさんは、自分の名前も何も言わずに

「僕だけどさ~」

といって電話してくるので

誰??

イタズラ電話かな??

しかし、なんか、昔から知ってる親戚のお兄さんみたいな話し方だし、俺の将来のことを真剣に考えている様子だし・・・

なんなんだこの電話???

と思っていました。

ジャニーさんは、自分の名前も、なんのために電話してきたかも、何も言わずに、ただ「東京に来てほしい」としか言わないんです。

行くわけないですよね(笑)

2回目の電話のとき

「将来、何になりたいの?」と言われたので

「医者になります」と言いましたら

「医者になるより儲かるよ~。仕事は遊びみたいだしさ~。楽しいよぉ!」

「お願いだからさ~。東京に来てよ~~~」

と、まるで電話の向こうで地団太を踏んでいるかのような言い方で言っていました。

遊びのような仕事で、医者より儲かる???

なんか変な勧誘かな??

だいたい、別に金が儲かるから医者になりたいわけじゃないのに。何言ってるんだろうこの人。そして誰なんだこの人???

なんで何度も電話してきて、俺をいったい何に誘ってるんだ???

そして、どんなに話しても私がYESと言わないものですから

「じゃ~さ~。考えが変わったらいつでも電話して来てね!待ってるから!ね!わかった??待ってるからね!!」

と何度も「待ってるからね」といって電話を切ったんですが

どこの誰からの電話かわからないのに、どこに電話しろって言ってるんだろう・・・??おかしな電話だな・・・??と、思っていました。

あまりにも変な電話だったので、今でも鮮明に覚えています。

それがジャニーさんだとわかったのは、私が40歳を過ぎたときでした。

ジャニーズ事務所のタレントが、最初にジャニーさんから電話がかかってきたときのことをテレビで話しているのを、たまたま観たとき

私とまったく同じようなことを言っていました。

「名前も言わずに、どこの誰かもわからない人から電話がかかってきて、イタズラ電話だと思った・・・」

「誰かわからないのに、昔から知ってる人のような、馴れ馴れしい話し方で、何の用事かわからないような電話をかけてきた・・・」

そのほかにもいろんなことを言っていましたが、私とまったく同じでした。

あーなんだ。あれはジャニーさんだったのか・・

あのとき東京に行っとけばよかったな・・

そのテレビを観た頃は、犬と暮らすために熊本の阿蘇の山の中に引っ越して、結婚もせず、一人で犬と一緒に暮らしていましたので、「あのとき東京に行ってれば、こんな寂しい暮らしをしなくて済んだだろうな・・・」と思いました。

そして!!

ここからが今日の本題です!!

COOLDOGSの犬の輸入のクライアントの方に、東京の芸能プロダクションの社長さんがいらっしゃいます。

その方が、「今度会って話をしましょう」と、おっしゃっていたんですね。

それは昨年の話しです。

昨年から私も東京に住むようになりましたから、会おうと思えばいつでも会える環境になっていました。

こ・・・これわ・・・

COOLDOGSのJoelとして、犬のことでタレント活動しませんか。というお誘いに違いない!!

あのときジャニーさんのところに行かなかった後悔をもうしたくない!!

今度は絶対、「YES!!」と言うんだ!!

それでその方と会ったら・・

終始犬の話しで、私が期待していたことなどとは、まったく、果てしなく無関係な話でした・・

会って最初の30分くらい、まるでオーディションを受けるかのように、ものすごく緊張していて、冷や汗を流しながら話していましたが

「今日は犬の話しだったんですか?」と言いましたら

「そうですよ」と、おっしゃったので

1分間くらい眩暈(めまい)がしながら、トイレに行ってみたり、水を飲んでみたりして落ち着かせて

5分くらいインターバルを置いて、「よし!」と気分を取り直して、ようやく平常心に戻りました(笑)

現在52歳、かああんぜええんんにオッサンになっていることを自覚した日でした。

一人一人のすべての人に、それぞれの人生があって、私は、今の私の人生を歩む必要があってそうしているのだ。この選択しかなかった。こうなるべきだったのだ。と思いました。

そして、ショーンKと同じ高校の同級生ですからちょっと胡散臭いんですが、一応、進学校で、医者や弁護士になる同級生はたくさんいますし、その高校に上位の成績で入学したんですが、小学校の低学年のころから、社会の人間たちが清らかでないことが嫌で、高校入学直後にそれが爆発して、こんな世の中で真面目に生きるのが嫌になり、一切勉強しなくなって、学校に行かずにコムデギャルソンで働くようになって、4年間かけて高校を卒業し、医学部にも進学せずに、入学した3流大学も辞めてアメリカに留学し、帰国後も放浪生活を送り、最終的に犬の輸入をしながら世界中を飛び回ってはいますが、東京のせまい5畳のワンルームに住んでいます。

52歳で1回も結婚せずに、子供もいない・・・

それどころか、20年くらい彼女さえいない・・・

部屋もすげーせまい・・・

これからどうなるのか・・・

普通の人なら不安でしようがないんでしょうけど

私の場合は、1ミリも不安じゃないんですよね~これが☆

それどころか、ものすごく明るい未来が待っているとしか考えられない!

私はこれからどんどん幸せになっていく予感がします。

ちょっとイカれてますよね(笑)
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2020/01/11 (Sat) 11:40:36

今日は1月11日ですが

1月09日にオーストラリアから、ISDSのワーキングボーダーコリーが成田に送られてきました。

まあ、犬は年間を通して、じゃんじゃん日本に送られてきていますので、なぜわざわざこの犬を特別に紹介するのか。と思われるかもしれませんが

今日は犬のことだけではなく、成田のJALカーゴのことでお伝えしたいことがあります。

まずISDSのワーキングボーダーコリーですが、ISDSというのはInternational Sheep Dog Societyの略で、イギリスにある組織です。

ワーキングボーダーコリーというのは、ショードッグのボーダーコリーとはぜんぜん違う体型をしていて、足が長く、毛が長くなくて、猛烈に俊敏な動きをします。

世界中で、アジリティやフリスビードッグとして活躍しています。

毎年、Westminster dog showのアジリティで優勝するのは、このワーキングボーダーコリーです。

しかし、普通のワーキングボーダーコリーは雑種扱いで、血統書がありません。

しかしISDSのワーキングボーダーコリーだけは、FCIの血統書があります。

そこで、日本のワーキングボーダーコリーの愛好家たちは、ISDSのワーキングボーダーコリーを買いたいんですが、なかなか子犬を売ってくれませんし、アメリカやイギリスから子犬を買うと、日本に来るときは生後11か月くらいになっていますので、子犬のときから日本語で訓練ができません。また、費用も極端に高額になります。

ですからオーストラリアから、生後3か月のワーキングボーダーコリーを買いたいわけです。

オーストラリアはイギリスが創った国ですから、オーストラリア人はイギリス人ですから、イギリス人は躊躇なくオーストラリア人には犬を売りますから、オーストラリアにはISDSのボーダーコリーがたくさんいます。

しかし、オーストラリア人も子犬を日本人には簡単には売りません。

まあ、私は買えますけど。ムフフ・・( ̄ー+ ̄)y-'~~~キラーン☆

いや、しかしここまで来るためには、長い時間と大変な苦労が必要でした・・・というか、今もその努力をしています。

どのような努力によってそれが可能なのかは企業秘密なので言えませんが、長年の努力と経験によって、購入するのが難しい犬種も買えるようになってきました。

ですから高い手数料をいただいて犬の輸入を続けられています。

他の人が輸入できない犬を私は輸入できる。

他の医者が手術できない病気を手術して治すことができる。

ですからブラックジャックは高い手術費用で手術していました。

ブラックジャックをご存知ない方はネットで調べてください。

まあ高い手数料といっても、昔からの従来の輸入業者に比べると、ぜんぜん安いですよ。

昔から犬の輸入を行っている人はご存知だと思いますが。

とにかく、オーストラリアからISDSのワーキングボーダーコリーを購入するのは、とても難しいんです。

しかしこう言うと、躍起(やっき)になって、オーストラリアからISDSのワーキングボーダーコリーを、じゃんじゃん輸入しようとする人が出てきますよね(微笑)。

俺もできるんだ!的に(微笑)。

まあいいです。

とにかく、ISDSのワーキングボーダーコリーをオーストラリアから輸入したわけですよ。

今回は、そのことを言いたいわけではありません。

成田のJALカーゴについてです。

今回の犬は、メルボルンから成田への直行便のQF79というカンタス航空の飛行機で来ましたが、カンタスの貨物はJALが代行しています。

しかしカンタスだけでなく、他の航空会社の貨物のときも、JALが代行する貨物のときだけ、いつもいつもいつも、飛行機が成田に到着してから、もおおおおのおおおすうううごおおおおく時間がかかって犬が出てくるんです!

私は6億回くらい成田に犬を輸入していますから、頻繁にJALカーゴに行きますし、IACTにも行きます。

IACTというのは、同じく成田空港の貨物地区にある、海外から送られてくる貨物の輸送の代行を行うところで、JALと同じことをやっている会社です。IACTは、「イアクト」と呼ばれています。正式名称は、国際航空上屋(こくさいこうくううわや)といいます。

ですから、当然、私はこのIACTにも頻繁に行きます。IACTが代行している航空会社もたくさんありますからね。

IACTが代行する場合は飛行機が到着してから、40分くらいで犬は出てきます。

しかしJALが代行すると、1時間半~2時間かかります。

直行便で犬が日本に来る場合でも、犬が海外のブリーダー宅を出てから日本の国際空港に到着するまでに、15時間~20時間くらい経っている場合もあります。(飛行時間は11~12時間くらいです)

どこかの国を経由する場合は24時間以上経っている場合もあります。

そして犬たちは緊張のために、トイレを我慢している場合があります。

水もフードも与えられず、トイレも我慢して24時間・・・

さらに、これから自分がどこへ連れていかれるのか、どうなってしまうのか、心配で不安でしようがない状態です。

一刻も早くその不安から解放してあげたい。

水を与えたい。

トイレに行かせたい。

と思いますよね。

にもかかわらず!JALのカーゴは、モタモタモタモタして

1回や2回なら、たまたま何かあってそうなったんだろうと思いますが、100%毎回1時間半以上かかるんです!

JALだけが!!!

私が高校2年生のときまで、日本の航空会社といえばJALだったんです。

しかし高校3年生のときJAL機が墜落しました。

それから誰もJALに乗らなくなって

それまでは、優秀な人材はJALに集まっていたのに、ANAに行くようになってしまいました。

それが原因なのかどうかわかりませんが、JALは仕事が遅すぎる!

今回、犬を乗せた飛行機が到着したのが午後6時でした。

私は、飛行機が早く到着するといけないので、午後6時半にJALカーゴに到着しました。

電車で行きましたから、成田空港の旅客ターミナルから1キロの距離を歩いて行ったんですよ。

犬が出てきたのは午後8時です・・・

しかも、あまりにも遅いので、午後7時半くらいから

「なぁああんでJALだけいつもこんなに遅いんだぁ!!!お前たちの染色体には、ナマケモノのDNAが組み込まれているんだ!!!」

と、私はフロアー全体に聞こえるような大声で怒鳴っていました。

それで、急がせて、ようやく午後8時に出てきたんですから。

午後6時に到着する便ですから、その日にクライアントの方のところに送ることはできません。その方が住んでいらっしゃる最寄りの空港への最終便の出発時刻が午後6時25分でしたから。

ですから、犬は成田空港内にあるペットホテルに1泊しなければなりません。

猛烈に急いで、動物検疫と通関手続きが終わったのが午後9時半過ぎていました。

それから犬とケージを台車に乗せて、手で押して歩いて、旅客ターミナル内にあるペットホテルに到着したのが午後10時10分でした。

それからもう一度JALにその台車を返しに行って、また歩いて旅客ターミナルに戻ってきて、それから電車に乗りましたが、自宅の練馬に帰るためには、都内で乗り換えなければなりません。

それで二駅行ったところで

ムムム・・・これは絶対自宅までの終電には間に合わない・・・

と思って電車を降りて、また成田空港に帰ろうと思ったんですが、もう遅い時間だったのでぜんぜん電車が来なくて、駅には中国人しかいなくて、ものすごく寒いし・・・

30分くらい待って電車に乗って成田空港に帰ったら0時を過ぎていました。

そこで仕方なく、スマートフォンでインターネットを利用してホテルを予約して、タクシーでホテルに行って、朝から何も食べてなかったので、ホテルのコンビニに行こうと思ったら、0時で閉まっていたので、自動販売機で何か食べようと思ったら、その自動販売機のつり銭が切れていたので、またフロントに行って、両替してもらって、100円玉と10円玉をジャラジャラ持って行って、得体のしれない6個入りの唐揚げを自動販売機で3箱買って、コカコーラゼロと一緒に食べて寝たのが午前2時でした。

1時間早く終わっていたら、私は自宅に帰れたんです。

成田のJALカーゴだけが遅いんです!

関西空港のJALカーゴは遅くないです。

まあ、関西空港は税関に問題がありますので、それでいつも遅くなりますので、それはまた今度話しますが。

成田のJALカーゴは、なんであんなに遅いんでしょうか!

同じ敷地内・・・というか、100メートルくらいしか離れていないIACTは40分で犬が出てきます。

JALカーゴは2時間で犬が出てきます。

これは、どういうことなんでしょうか!

JAL本社に、「成田のJALカーゴの仕事を早くしろ」ということは、当然働きかけますが、改善されない場合は、極力羽田に犬を到着させるようにします。

もちろん、羽田のほうが全国にたくさん飛行機が飛んでいますから、日本全国に犬を輸送しやすいですので、今回も羽田に到着させたかったんですが、メルボルンからの直行便は成田にしかないということで、オーストラリアのペット輸送の会社が、どうしても成田にしか送れないと言うものですから、仕方なく成田になったんですが、とても大変な作業でした。

そのときの様子を動画に撮ってあります。ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=iyk1fynYaOk
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2020/01/01 (Wed) 17:29:03

新年あけましておめでとうございます。

2019年はCOOLDOGSをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年も、より一層のサービス向上を図るよう、努めてまいります。

引き続きCOOLDOGSをご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


*COOLDOGSでは年賀状による新年のご挨拶を行っておりません。

ここで行うご挨拶を新年のご挨拶とさせていただいております。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/12/04 (Wed) 15:29:55

昨日(2019.12.03)、国際運転免許証を取得しに行きました。

国際運転免許証は、毎年、新しいものを取りに行かなければなりません。

顔写真を撮影して、いくつかある写真の中から1枚だけ切り取られて使われます。

そして、10月にCOOLDOGSを東京に移転させて、そのとき本籍も変えましたので、2週間くらい前に、パスポートの本籍変更にも行きました。

そのときも顔写真を撮影して、何枚かある写真から1枚だけ切り取られて、パスポートの写真に使われました。

ですから昨日、たくさんのパスポート用の顔写真が残っていました。しかし、それらの顔写真は、国際運転免許証には使えませんでした。

写真の大きさが違うからです。

パスポートも、国際運転免許証も、日本国内の車の運転免許証も、マイナンバーも、全部顔写真の大きさが違います。

パスポートのときの残りの写真を国際運転免許証で使おうとすると

「この写真は大きさが違うので使えません」と言われます。

ぜんぶおなじにしてくれ・・・

あるいは、顔写真の撮影は、1枚だけにして、値段を今の5分の1にしてくれ・・・

毎回、毎回、何枚も無駄になる。

1枚しか使わないのに、5枚くらい撮影して

残りは、ほかでは使えない。

そして半年もすると、その残りのあまった写真でさえ、どこに行ったかわからなくなって、何か顔写真が必要になると、また新たに撮影しなければならない・・・

「しかしいいんだ!どうせあれは使えないんだから!大きさが違うし、証明書用の写真は、半年以内に撮影したものでなければならない。いや、しかし・・・もしかしたら使えるかも・・・いや、たぶん使えない!いや、しかし、使えるか使えないか、持っていくだけでも持っていきたいけど、その残った写真がどこに行ったかわからない・・・」

・・・・・・・・・・

・・・無駄でしようがない。

毎回、毎回、こんなことの繰り返し・・・

すべての証明書の顔写真は同じ大きさにしろ!

あるいは、顔写真の撮影は1枚だけにしろ!

そう思いませんか!? みなさん!

まったく・・・

今、15:40(2019.12.04)ですが、22:20羽田発の飛行機でキャンベラに行きます・・

ですから、昨日、絶対、国際運転免許証が必要でした。

そして、また来年の今頃、顔写真を5枚撮影して、その中の1枚だけを使った国際運転免許証を作って、4枚の写真は、どこにいったかわからなくなるのであった・・
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/11/30 (Sat) 16:23:18

お知らせです。

2020年2月上旬から、毎年おなじみの、Westminster dog showのためにニューヨークに行きますが、日本に帰ってきたら、すぐにまたシカゴに行かなければなりません。

「同じアメリカなんだから、ずっとアメリカ国内にいて、日本に帰らずに、シカゴの仕事が終わってから日本に帰ればいいのではないか」という意見もあると思いますが、そちらのほうが、はるかに費用がかかるんですね。

それで1回日本に帰ってから、またシカゴに行くんですが。

シカゴから日本に到着するのが3月2日なんです。

しかも犬と一緒に日本に帰ってきます。

私は、その日の前日の朝・・・(というか、午前3時くらいですから、まだ夜と言ったほうがいいような時間ですが)そんな時間にシカゴのホテルで犬と一緒に起きたら、レンタカーでシカゴのオヘア国際空港に行って、空港の駐車場に車を止めて、犬と一緒に航空会社のカウンターに行ってチェックインして、そのあとレンタカー会社にレンタカーを返して、また空港に戻ってきて・・・・ということをやらなければなりません。オヘア空港の駐車場が、どこから入ってどのように駐車していいのかもわかりません。

その日だけではありません。

このシカゴ行きは、ただ単に犬を迎えに行くために行くんですが、ブリーダーの自宅は、オヘア空港から600キロ離れたケンタッキー州にありますから、そこまで自分でレンタカーを運転して行かなければなりません。

日本でさえ、初めての土地に行って車を運転したら不安になりますよね。

仮に自分の車で行ったとしてもそうです。

しかし今回は、初めて乗るレンタカーで、左ハンドルで、右側通行で、初めて通るアメリカの土地を運転しなければなりません。

しかも、1年かけて、ようやく日本にやってくる、大切な犬を乗せています。

バリバリのショードッグで、しかも日本では希少犬の、数が少ない犬種です。

相当神経を使います。

目的地のケンタッキーのブリーダーの家まで到着するのに、いくつもの都市や町を通過しなければなりません。

しかも、これは、犬を日本に運ぶためだけに行きますので、航空運賃や滞在費のすべてが、その犬の日本までの輸送費ということになりますから、クライアントの方が負担しなければなりませんので、極力、費用を安く済むようにしなければなりません。

ですから、最も航空運賃が安い日を選んで行きますので、その日しかありません。

USDA(アメリカ農水省)の検疫の手続きも自分で行わなければなりません。

そして、午前3時に起きて、次の日の午後2時に成田に到着します。

24時間+11時間=35時間

35時間、寝てない状態で、成田で、その犬の検疫を済ませて、税関で手続きをして、その犬のクライアントの方に、成田で犬を引き渡さなければなりません。

USDAもそうですが、動物検疫というのは、何か書類に不備があると、「日本に入国できません」となりますので、猛烈に神経を使います。ですから、それだけでも疲れるんですね。

そしてすべてが終わると、ようやく2時間かけて、電車で東京都内の自宅に帰ります。

もう、とにかく、たくさんの、様々な障害物を乗り越えて、日本の自宅に帰ってきます。

トータルで40時間くらい寝てません。

それが3月2日です。

しかし来年のCruftsは、3月5日~8日です。

ですから3月4日には出発しなければなりません。

40時間寝てない状態で、3月2日の夕方から夜にかけて自宅に帰ってきて、次の日の3月3日だけ休んで、3月4日にはCruftsのためにイギリスに行く・・・そしてまた24時間以上寝れなくて、自分で車を運転して、バーミンガムのアパートまで行かなければならない・・・

これ大丈夫でしょうか・・

2月上旬のWestminsterから始まって、シカゴに行って、犬を連れてきて、1日休んでバーミンガムに行く・・・

いや、今までも、何度もこのようなことはあります。

しかし、日本に犬を連れてきた直後に海外に行ったことはありません。

それは、もし書類に不備があった場合、「今日は日本には行けません」となるからです。

2~3日、日本に行く日がずれたら、次の国にも出発できません。

ですから、せめて1週間くらい空けておかないと心配なんですね。

「じゃあ、Cruftsから帰ってからシカゴに行けばいいじゃん」と思いますよね。

しかし航空運賃が高額になるんです。

この犬種は、世界的にも希少な犬種で、子犬を購入するブリーダーを探すのも大変です。

そしてようやく探した、このアメリカのブリーダーは、「子犬を私の自宅に迎えに来てくれることが条件よ❤」と、最初に言いました。ですから絶対行かなければなりません。

しかしこの、犬を迎えに行く行為は、犬を日本に輸送するためだけに行われる行為ですから、その費用は、犬の輸送費ですから、クライアントの方が支払います。

ですから、できるだけ安くしなければなりません。

もちろん、この、子犬を迎えに行く仕事は、手数料無料で行っています。

完全なる実費だけです。

航空運賃、ホテル代、食費、レンタカーの費用、USDAの費用、日本の税関で支払う税金

これだけです。

これ以外には一切無駄遣いはできません。

犬を運べるできるだけ安い飛行機で、犬と泊まれるできるだけ安いホテルで、犬を運べるできるだけ安いレンタカーで、質素な食事をしながら、ブリーダーの自宅に行って、ブリーダーに気に入られるように接して、犬と一緒に日本に帰ってこなければなりません。

体力も使いますが、神経も使いますし、気も使います。

ですから、海外のドッグショーに行く場合よりも、数倍疲れます。

もちろん、ドッグショーに行く場合も、現在、犬を買おうとしているブリーダーに会いに行くときや、初めて会うハンドラーやジャッジに挨拶に行くときは、かなり緊張します。

当然、ドッグショー会場だけではなく、ブリーダー、ハンドラー、ジャッジの自宅に、自分で車を運転して行きますからね。

3時間以上運転して行くことも多いです。

途中で大雨になったり

伝えられていた住所に行ったら、何もない大草原の真ん中だったり

待ち合わせの場所を間違えて、「もうこのまま永遠に会えないんじゃないだろうか・・」と思って、途方にくれたり・・

様々なことがあって、緊張したり、不安になったり、喜んだり、落胆したり、いろんなことが起きます。

しかし、「海外に犬を迎えに行って、日本に連れて帰ってくる」ということが、最も緊張します。

通常は、犬だけを貨物で日本に送ることがほとんどだからです。

なんか、ずーっと、同じようなことを話していますが(笑)

今日、私が何をお伝えしたいのかと言いますと

来年のCruftsには行かない可能性がある。ということを言いたいんです。

3月2日に40時間寝てない状態で、犬を連れて日本に帰ってきて、3月3日だけ休んで、3月4日にバーミンガムに出発するのは難しいかもしれない。と考えています。

しかしわかりません。

極力、行きたいです。

CruftsとWestminsterとWorld dog showとEuro dog showには、毎年必ず、極力行きたいと考えています。

ですから、できるだけCruftsにも行こうと思っていますが

どうしても行けない可能性があります。

それをお伝えしようと思って、ずーーーっと長い話をしました。

「なんで、そんなに、Cruftsに行かない。というだけのことを、猛烈に説明しなければならないの?? あなたがCruftsに行こうと行くまいと、そんなの知ったことじゃないワ。行きたくなければ、勝手に行かなければいいじゃん!!」

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

自分の犬をイギリスから買うために、Cruftsで、ブリーダーに会ってきてほしいとおっしゃる方が複数いらっしゃいますし、まだ私に連絡してないだけで、そのように思っていらっしゃる方が、他にもいらっしゃるかもしれません。

また、自分の犬を買う理想の犬舎を見つけるために、Cruftsに出場している犬を見てきてほしいとおっしゃる方もいらっしゃいますし、「Cruftsに自分の犬を出陳したいので、ハンドラーを探してきてほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

そして、今までにイギリスから購入した犬のことで、Crufts会場で会わなければならないイギリス人と、そのほかのヨーロッパの人たちもたくさんいます。

ですから、来年のCruftsに行けないかもしれない。ということは、たくさんの人に伝えなければなりません。

ですから今日、今、ここでそれをお伝えしています。

ここは、たくさんの方がご覧になっていらっしゃるからです。

来年のCruftsも、極力、行きます。

しかし、30%くらい行かない可能性があります。

70%は行きます。

ですから、おそらく行くんですが

行かない可能性もありますので、それを踏まえて、お考えになってください。

それでは失礼いたします。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/11/05 (Tue) 23:15:53

Schipperke

スキッパーキの子犬が生まれます。

両親の写真です。

どなたか飼いたい方はいらっしゃいませんか?

ヨーロッパからの輸入です。

ヨーロッパのお友達のお友達のところで生まれますので、良い子犬が買えます。

写真をご覧になってください。

2頭とも、すごくイイですよね。

犬もバックも黒くて

全部黒いので、ちょっと見にくいですが

よくご覧になってください。

かなり美しいですよね。

Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/10/30 (Wed) 15:03:57

少々余裕を持ってお伝えしたかったので

「11月末までには固定電話が開通します」

と、1か月前にお伝えしていましたが

今日、10月30日(2019年)、固定電話が開通しました!

番号は、03-3577-7877です。

これで、完全に東京での仕事がスタートしました!

みなさんのご連絡をお待ちしています!

それで、嬉しかったので、動画を撮りました。

こちらです。
https://youtu.be/zx-p_OcEsmk
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/10/23 (Wed) 16:14:31

東京に引っ越してきました。

私自身の住所も本籍も東京に移して、100%完全に東京都民になりました(喜)。

関東のみなさん仲良くしてください(笑顔)

そして東京に来ましたので、羽田空港に私自身が行って、全国の方々に犬を送りやすくなりましたので、関東以外の日本全国の方々も、どうかよろしくお願いいたします。

10月30日に、固定電話も開通します。

あと1週間ですが、それまでは、私の携帯電話の番号をHPには記載しています。

新しい固定電話の番号もわかっています。

03-3577-7877

これなんですが

まだ開通していませんので、今この番号に電話されてもつながりませんので、お気を付けください。

この、「電話されても」の「されても」は、敬語の「されても」であって、受動態の「されても」ではありません。

受動態の「されても」だと考えると、まるで、「そんなことしたって・・」という意味にも取られるかもしれませんが、そうではありません。

「電話しても・・」を「電話されても・・」という敬語にして、よりいっそう丁寧な言葉にしています。

わかりますよね(笑)。こんなにクドく説明しなくても(笑)。

などと言いながら、また本文と無関係のことを言って、言葉で遊んでいますが(笑)

それではみなさん!

よろしくお願いいたします!

あ、そうそう。

私と会ってお話しされたい方は、お気軽にご連絡ください。

下の動画の中でも言っていますが、オフィスはあまりにも狭いので・・・というか、オフィスと言っていいのかどうかもわからないくらいの狭さと自宅さなんですが(笑)

初対面の方と、ものすごく密着して、体が触れ合うくらいの距離で話さなければなりませんので(笑)

すぐ隣にデニーズがありますから、デニーズでお話ししましょう。そのデニーズには駐車場もあります。

また、練馬駅から歩いて5分~10分くらいのところですから、電車でアクセスすることもできます。

関東の方だけに限らず、日本全国どちらにお住まいの方にも会いやすくなったと思います。

それでは、みなさんのご連絡をお待ちしています!

これが、その、自宅兼オフィスの動画です。
https://youtu.be/Ipe9Yn8SnHo
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/09/15 (Sun) 09:59:43

2019年10月末よりCOOLDOGSは、東京都内に拠点を移転することになりました。

この2~3年のあいだ、ヨーロッパの複数の都市(ロンドン、バーミンガム、プラハ、フランクフルト)とニューヨークと東京の、どこに移転するか・・ということを、ずっと考えてきました。

本当は、極力、ヨーロッパの上記の都市のどれかか、ニューヨークに移転したかったんですが

COOLDOGSのクライアントの方々は日本の方ですから、日本に住んでいらっしゃる方々が海外からの犬の輸入を依頼されるわけです。

そのとき、初めてCOOLDOGSに依頼される方が、ヨーロッパやアメリカにいる私に、抵抗なく依頼されるだろうか・・・

と、この一点だけが問題でした。

私のことをご存知の方は問題ないかもしれません。

しかし初めて犬の輸入を依頼される方が、大金を預けなければならないにもかかわらず、ヨーロッパやアメリカにいる私に躊躇なく依頼されるだろうか・・・

おそらくそれは不安だと思います。

ですから、「私が、安心、安全な人間で、そして良い犬をストレスなく日本に輸入することができる」ということを、もっと多くの日本の愛犬家の方々に知っていただく必要がある。と考えました。

COOLDOGSも私自身のことも、まだまだ知名度が低いと思います。

ですから総合的に考えて、やはり東京で活動するべきだ。という結論に達しました。

それで2019年09月01日の朝・・・

朝起きてすぐ

「よし!! 今日東京に行ってオフィスを探そう!!」

といって、東京の賃貸マンション情報をネットで検索して、大まかな希望の物件をいくつか探して、都内の不動産会社に連絡して、すぐに東京行きのANAのチケットを買って、午前中のうちに東京に出発しました。

そして、(結局、自分が希望していたマンションとは違うものになりましたが)すぐに決めて、10月末には移転することになりました。

ですからCOOLDOGSは、2019年10月末より、東京で活動することになりましたので、よろしく願いいたします。

*COOLDOGSのHPの住所も新しいものに変えていますが、まだ完全には移転が完了していませんので、固定電話が開通しておらず、電話番号が私の携帯電話の番号になっています。11月中には新しい電話番号に変える予定です。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/04/02 (Tue) 13:09:56

緊急業務連絡!!

緊急業務連絡!!

緊急業務連絡!!

COOLDOGSのホームページは、Yahooのジオシティーズのサーバーを使用して開設していましたが、17年間何もせず、何も問題なく使用していたんですが、なぜか突然、理由もわからず、Yahooジオシティーズは、2019年3月31日でサービスを終了しました!!

もちろんメールなどで、事前に知らされていたのかもしれませんが、Yahooからのメールなどは年間を通してたくさん送られてきますので、きちんと目を通さずに、私はこのことに気づきませんでした。

「COOLDOGSのホームページが見れなくなっていますけど・・」

と、クライアントの方が電話で教えてくださって、私は、今日!!、2019年4月2日、今!!、13:00に、それに気づきました!!

ものすごく、猛烈に急いでパソコンに向かって作業をしていますが、もしかしたら、2~3日、COOLDOGSのホームページが閲覧できない状態になっているかもしれません。

ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちください。

ていうか、私が一番迷惑なんですが・・

Yahooからのメールに気づかなかった私が悪いので、今、猛烈なスピードで作業を行っています。

うーーーーーん・・・

ドメインの移行とか、サーバーの変更とか、なんか難しい・・・

ジャパンインターで名刺を渡した人がいるのに、その人たちがCOOLDOGSのホームページを見て、いきなり何も見れない、という、変な印象を与えていることになっているのが、ものすごく不本意だし・・・

ホームページの管理をすべて自分で行っていますので、ちょっとバタバタしています。

「太平洋の真ん中を、白いヨットが爽やかに颯爽と進んでいる・・・というように人生を進んでいきたいと考えているにもかかわらず、次から次へと障害物がやってくるスーパーマリオをやっているかのような人生になっているこの感じ・・」

「しかしすべての障害を乗り越えていくのだ」

と、気を取り直して、良い機会なので、今日、新しいサイトを作っています。

----------------

次の日・・・

猛スピードで1日で作ったサイトですから修正が必要だと思いますが、なんとか出来上がりました。

これから少しずつ修正していきます。

ちょっとお見苦しい点があるかもしれませんが、しばらくお待ちください。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/02/24 (Sun) 11:26:53

ある、海外の小型犬のブリーダーの犬の食事です。

写真をクリックすると拡大します。

もう一回クリックすると、さらに拡大します。

この犬舎の犬たちは、毎日これを食べています。

何が入っているかお伝えします。

1.生の牛肉

2.生の牛の心臓

3.生の牛の肝臓

4.生の鶏の首

5.生の鶏の足

6.サプリメントのビタミン

7.ウズラの卵

8.穀物の粒が入っているパン

日本で一般的に使われている、いわゆる、ドッグフードのドライフードは一切入っていません。

あるイギリスの小型犬のトップブリーダーも、「ドライフードは、ほんの一握りで、ほとんど生肉しかあげてない」と言っていました。(Cruftsで何度もBOBになっているトップブリーダーです)

よろしいですか日本のみなさん。

世界のトップブリーダーたちは、自分の犬に、生肉しか食べさせていません。

生肉をあげると、毛艶がメチャメチャ良くなります。

もちろん、骨や筋肉や、そのほかの様々な肉体の組織もそうです。

今後の参考にしてください。

まあ、大型犬の場合は・・・

毎日生肉だけをあげるのは難しいですね・・

私も自分のロットワイラーに、毎日生肉をあげたいんですが

牛を1頭凍らせておく巨大冷凍ルームが必要です。

まして、複数頭、大型犬を飼っていらっしゃる方は不可能ですよね。

さらに、日本は牛肉が高額すぎます。

自分で牛を飼って、牛を繁殖して育てるところからやらなければなりません・・・

・・・ん??

そうだ!牛を繁殖すればいいんだ!

しかし、牛を繁殖するというのも、簡単ではないですよね・・

いや~

しかし、やってみたい!

愛犬のロットワイラーに食べさせるために!

愛犬のゴハンを繁殖して育てている男!

ちょっと子牛をオスメス買ってきて、育てて、繁殖させるために、どれくらいの費用と、何が必要なのか調べてみます。

ていうか

おそらく、牛は草を食べるので、広大な土地と草が必要なんですよね・・・

それを、犬のゴハンのために飼育するなんて、できるんでしょうか。

カメレオンの食べ物のコオロギを育てるのとは、対象の生き物の大きさが違いますからね。

人間より大きな生き物を育てなければなりませんから・・

まあ、いいです。

あとで調べてみますが、たぶん、非現実的な馬鹿なことを言ってます。

しかし、小型犬なら、なんとかやれるかもしれません。

ドッグショーで頑張りたい小型犬のオーナーの方々は、生肉は、とても重要なファクターです。

しかしこれは、あくまで参考資料ですから、それぞれの方が、ご自分の飼育計画や、経済状況や、日本の食べ物の流通の環境などを、総合的に判断してお考えになってください。
Pass :
Joel

Re: 犬についてのエトセトラ 2

2019/01/14 (Mon) 03:15:45
匿名さん、こんにちは。

珍しい犬種のオファーはありますが、現在、どのような犬種を輸入しているのかは、犬と血統書が日本に来るまでは誰にも話せません。

輸入の依頼を受けない犬種はありませんから、全犬種、どんなに珍しい犬種も、すべて輸入可能ですし、世界中のどこの国のどこの犬舎からでも輸入できます。

もちろん、日本へ犬を送ることを断わられる場合もありますから、「どこの犬舎からでも輸入できます」というのは現実とは違いますが、世界中のどこの犬舎にも、オファーすることはできます。

また、冷凍精子も輸入可能です。

特に、グレートデン、アイリッシュウルフハウンドなどは背が高いので、輸送するケージが巨大になりますから、輸送費が高額ですし、大きな犬は、ブリーダーが、日本の検疫のための生後10~11か月まで飼育することを嫌がりますから、冷凍精子を輸入することが多いと思います。

もちろん超大型犬に限らず、どんな犬種でも、冷凍精子は輸入可能です。

Pass :
匿名

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/01/12 (Sat) 21:23:10
珍しい犬種のオファーとかあれば掲載してみてはいかがですか?

まぁ、現地ブリーダーが日本に出しても良い場合に限りますがJKC登録頭数順位で言えば100位以下の犬種は特に種オス・台メス不足に陥りやすい犬種が多いですから・・・

ただ、珍しい過ぎる犬種は未だ日本に馴染んでいない犬種もいるので難しいですが!

また、生体は出せないけど冷凍精液でなら出しても良い情報があると嬉しいです。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2019/01/01 (Tue) 10:44:04

あけまして、おめでとうございます!!

今年も、日本の愛犬家の皆様に、世界各地から最高の犬たちをお届けします。

今年も、あなたの運命のワンちゃんが、COOLDOGSによって運ばれてきます。

*COOLDOGSでは、年賀ハガキを送っていません。新年のご挨拶は、毎年ここで行わせていただきます。ここをご覧になってくださっている一人一人すべての方が、今年一年、心身ともに健康で、最高の犬たちと素晴らしい年になりますように、心からお祈りしています。
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2018/12/02 (Sun) 09:10:29

頻繁にヨーロッパに行かれる方はご存知だと思いますが、この写真は、イギリス以外のほとんどのヨーロッパの国で使われている、コンセントプラグの「C」です。

私は、世界中で使える全てのコンセントプラグを、全種類4つ以上ずつ持っています。

現在は、全種類のものが一つになっているものもあります。

この写真のコンセントプラグCは、100円ショップダイソーのものなんですが

よくご覧になってください。

左のものは、ちょっと横幅が長いですよね。

右のものが新しいものです。

今まで左のものしかなかったので、ヨーロッパに行って、このコンセントプラグを使うと・・・・上の写真をご覧になってください。

ヨーロッパのコンセントの差込口というのは、穴があって、その奥に差込口があるんですね。

それで、その穴にピッタリフィットして・・・というか、このコンセントプラグのほうが少し大きいので、ガチッとはまってしまって、抜けなくなってたんですよ。

上の写真は、実際に私が10月にスウェーデンに行ったときホテルの中で撮影したものです。

それで!

毎回ヨーロッパに行くと、一つか二つ、どうしても抜けずに、ホテルに置いたまま日本に帰って来ていました。

そして日本に帰ってくると、毎回ダイソーに行って、新しいコンセントプラグCを買っていました。

毎回です!!

それで、ダイソーの本社に電話しました。

「ヨーロッパでコンセントプラグCを使うと、抜けなくなって、毎回日本に帰ってきて新しいものを買わなければなりません。数ミリでもいいですから、横幅を短くしてください」

1年以上前から何度も言いました。

それでこの度!!

私の努力によって!!

ダイソーのコンセントプラグCの形状が変わりました!!

私だけの力によって変わりました!!

私おんりーのたゆまぬ努力によってぇえ!!

みなさんのヨーロッパ旅行がぁあ、より良いものになったのでありまぁあす!!

・・・・・・・・・

・・・・わかってます

ちょっとうるさいですよね

俺がやった。俺がやったって

しかも、ダイソーには無数の商品があるのにぃ

その中のたった一つの商品を改良する手助けをしたからといって、そんなに大げさに騒ぐことなのか。

と言いたいんですよね。

私もそう思います。

そりゃあ、発光ダイオードを発見した人や、ボランティアの男性が行方不明の子供を発見したほうがはるかに素晴らしいです。

「はるかに」というか、はるか過ぎて、私のコンセントプラグごときと比較対象にしてはいけません。

しかぁあああし!!

初めてヨーロッパに旅行する人だっているんですよ。日本人の方の中には。

その方々がヨーロッパに行って、日本に帰るときに

うーーーーーん・・・!!

うーーーーーん・・・!!

と言って、ダイソーのコンセントプラグを使っていた人は、一人残らず、猛烈な力で、コンセントと格闘して、一人残らず諦めて日本に帰っていたんですよ。

それを私は改善することができました。

拍手するべきだと思います。

いや、拍手は大げさですね。

それはわかります。

ですから、2回くらい手をたたくくらいはやってもらってもいいんじゃないでしょうか。

いや、2回も多すぎますね。

ですから、「頑張ったね」と心の中で思うくらいはいいんじゃないでしょうか。

いや、それもやりすぎですね。

なぜなら、ほとんどの日本人は、ヨーロッパなんて行かないんですから。

うーーーーん・・・

じゃあ、ヨーロッパに行く人だけ、ちょっとだけ

❤な気持ちになってください。

それだけでいいですから。

というか、本当は、別に褒めてもらわなくてもいいんですが

今日からオーストラリアに行きますので、昨日、単三電池を買おうと思ってダイソーに行きましたら、コンセントプラグCの形状が変わっていましたので、嬉しくて、ただ紹介したかっただけです(笑)

すみません。騒いで(笑)

ただ

私の言葉によって、ダイソーのコンセントプラグCは変化しました・・

むふふ・・・❤

うれしぃ・・❤

しかし喜びすぎて、単三電池を買うことを忘れたのであった・・
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2018/11/08 (Thu) 19:21:36

2018年11月01日、先日からお話ししていました通り、パキスタンに向けて出発するために、羽田空港に来て、近くのホテルで1泊しました。

なぜ羽田で1泊するのか・・・

羽田で1泊するホテル代を含めても、このチケットが一番安かったからです。

10月29日にスウェーデンから30時間くらい寝ていない状態で日本に帰ってきて、その日は疲れていて何もできませんから、30日と31日にしか準備の日はありません。

それで次の日の30日に、すぐデパートに行って、福砂屋のカステラを買ってきて、「日本の伝統的なケーキを買ってきた。明後日出発する」と、facebookのメッセンジャーでパキスタンの友人に連絡しましたら・・・・ていうか、facebookのメッセンジャーと書くのが面倒なので、fbとだけ書きます・・・

「あとでお金払うから、日本人形を奥さんに贈りたいんで、2000~3000円の日本人形を買ってきてほしい」

と言われましたので

「またあのデパートに行くのか・・・しかし日本人形が2000~3000円で買えるんだろうか・・・」

と思いながら、次の日(31日)にまたデパートに行きましたが、やっぱり2000~3000円で買えるものはなくて、その場でfbでパキスタンに電話しましたら、「2000~3000円のものでないと買えない」と言われましたので、しばらくその場で考えて、羽田空港のインフォメーションに電話しましたら、羽田空港の国際線ターミナル内のお店の中に、2000~3000円の日本人形があるということでしたので、11月01日、羽田に到着して、すぐそのお店に日本人形を買いに行きました。

私は、もうこの時点で、かなり、「めんどくせ~な~」と思っていました。

その羽田空港の国際線ターミナル内の土産屋に到着すると

2メートルくらいの高い棚の上に置いてあった人形を写真で撮って、fbでパキスタンに送ったんですが、「それではよく見えないから1個ずつ撮って送ってくれ」と言われましたので、「マジでクソめんどくせ~な~」と思いながらも、ブーリークッタのためだと思って、頑張って1枚ずつ写真を撮って送ったんですよ。

そうしたら、それから、そのパキスタン人が、どれにするか悩み始めて

「俺は一番左の黒い着物の人形がいいと思うよ」

と言いましたら、さらに悩み始めましたので、羽田空港のその土産屋に1時間以上いて

ようやく人形を買ってホテルに行きましたら、また電話がかかってきて、「キットカットを買ってきてほしい」と言われました。

海外の人に「キットカット」は人気なんですよね。それは知ってますけど。

「カステラを買ってるからいいじゃん」と思ったんですが、ブーリークッタのためだと思って、「わかった。買ってくるよ」と言いました。

その日、東京のクライアントの女性と会う約束をしていて、空港に車で迎えに来てもらっていたんですね。それで、一緒にホテルに来ていましたので、その方にホテルの外の車の中で待っていただいていましたから、急いで行かなければならないと思っていたんですが、ちょうどホテルを出たところでそのパキスタン人から電話がかかってきたものですから、話しながら歩いていましたら、そのクライアントの方の車のある方向と逆回りにホテルを回ってしまって、4角形の一辺を歩けば済むところを、三辺歩いたものですから、「はあはあはあ・・」

なんか疲れた・・・と思いながら、そのクライアントの方と食事に行きました。

午後7時に羽田空港に到着したのに、レストランに着いたとき、午後9時半だったんですよ。

ただ人形を買って、ホテルでチェックインして、ホテルの近くのレストランに行って席に座るまでに、2時間半もかかっているわけです。

羽田空港からそのホテルまでは5分で到着します。すぐ近くです。

それで、夜の9時半から、そのクライアントの方と食事して、そのあとホテルのラウンジでコーヒーを飲みながら話していましたが・・・話が終わったのが・・・というか、終わらなかったんですが・・・もう遅いから・・・ということで別れたのが、午前1時ですよ。

しかし話が終わってなかったので、ホテルの部屋の中で、そのあとも電話で話していましたので、寝たのは午前1時半~2時くらいでした。

そうして、次の日になって、朝7時半にはホテルを出て空港に行ったんですが

先にキットカットを買って、スーツケースを開けて、ゴソゴソ中に入れて

「よおおし!!すべての準備は整った!!パキスタンに出発するゼ!!」

と言って、タイ航空のチェックインカウンターに行きました。

「通路側で、となりにどなたも座っていらっしゃらない席をお願いします」

と、いつものようにチェックインしていました。

羽田ーバンコク、バンコクーカラチ

この二つのフライトの席を予約して、あとはチケットをもらうだけ・・・というときに

「パキスタンへのビザはお持ちですか?」

?????

この瞬間にすべてを悟りました。

「そうだ。アメリカやオーストラリアでさえビザが必要なのに、完全なイスラム教の国で、西側諸国とは違うんだから、ビザが必要に決まってるじゃないか!!なんでビザが必要なのではないか・・・と思って調べなかったんだろうか!!俺はなんていうことをしてしまったんだ!!絶対無理だ。今日は出発できない」

タイ空港の係りの人が、なんとかして今日パキスタンに出発できないか、いろいろ調べてくれましたが、やはりどうしても無理でした。まあ当然ですよね。

しかし普段なら、「パキスタンはビザが必要かもしれない」と気づくと思うんですよね。もっと早い段階で。

ですからそれに気づかなかったということは、これはパキスタンに行くべきではないのか・・・などと考えたんですが

「いや!!俺がパキスタンに行くのを待ってる人が日本全国にたくさんいる!!」

と思って、タイ航空の人といろいろ調べましたら、11月03日と04日は土曜日曜でパキスタン大使館が休みですから、05日にビザの申請をして、06日にビザを取得して、07日に出発できることがわかりました。

しかし最初に航空券の予約を行って、その便名を、ビザを取得する際に伝えなければなりません。

ですから、もし不備があってビザを取得できない場合は、また07日に出発できませんから、またフライトをキャンセルしなければなりません。

「しかし、なんとしてでも俺は行くんだぁ!!」

と言って、羽田空港の近くのホテルを探し始めました。

そこに07日まで滞在して、パキスタン大使館に行ってビザを取得しようと考えました。

しかし、どこのホテルも満室で、どこも空いていませんでした。

いつも利用している羽田空港の近くのホテルも、一軒だけ空いていましたが、5泊6日で50万円などという金額になっていました。いつも1泊1万円くらいのホテルがです。

パキスタン大使館は東京にしかありません。

「これはもうなんか、すべてアゲインストな風が吹いている」

と思って、仕方なく今回はパキスタンに行きませんでした。

ずっと、パキスタンのブーリークッタを見たいと思って待っていらっしゃった方々、すみません。

ちょっと考えます。

ここまですべてがうまくいかないと、さすがに、やるべきではないことをやろうとしているのではないか・・と考えてしまいます。

ですから今、私は日本にいます。

そして、カステラとキットカットを全部食べて、ちょっと子豚のような体になった上に、部屋の中には、自分のためには一生絶対買わない日本人形があります。

秋が深まってきたこの時期にその人形を見ると

とても寂しい、肌寒い気持ちになって。

ビザさえ取っていれば、今ごろパキスタンの風に吹かれていたはずだと思うと、またさらに寂しい気持ちになって

年間を通して気温が高く乾燥しているパキスタンの夜の砂漠で、寝そべって星を見ながら、「月の砂漠」が頭の中に流れてくる情景を、繰り返し思い浮かべるのであった・・
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2018/09/29 (Sat) 10:32:42

今!

今の気温で止まってくれ!

と、思いませんか?

まあ、今日は台風が来ていますから、雨もじゃんじゃん降ってますので、ちょっと気温が低いですが。

この9月末の気温がちょうどいいですよね。

暑くもなく寒くもなく。という感じで。

しかし、毎年、「今の気温で止まってくれ!」と思うんですが、地球は太陽の周囲を回る公転をやめません。

同じ場所で自転しているだけなら、ただ昼と夜があるだけですが、公転しているものですから、季節があります。

それとまあ、季節があるのは、地球の地軸が垂直ではなく、23.4度傾いているからですが、地球が公転しないで、同じ場所にずっと止まって自転しているだけであれば、地軸が23.4度傾いていても、ずっと同じ季節のままですよね。

ですから、昨日か一昨日、とても気持ちいい天気で、気温もちょうどよくて爽やかだったときに、「今!たのむ!今で止まってくれ!」と、地球に言ってたんですが、ぜんぜん聞いてくれなくて、完全シカトで、無言のまま、自分の日々の営みをやめませんでした・・

秒速500メートルで自転して、秒速30キロメートルで公転しながら、またしても、あの忌々しい、クソ寒い冬がやってきます。

寒いのが嫌いなんですよね~

あ、そうそう

その前に

地球は秒速500メートルで自転してるんですよ。

まあ、赤道付近でですけどね。

東京あたりは、秒速400メートルくらいです。

1秒間に、400~500メートル移動してるんですよ!私たちは!

ぜんぜん感じませんよね(笑)

まあ、大気も一緒に動いてますからね。

ぜんぜん何も感じません。

地球は、1秒間に500メートルで、グルグル回転しながら、太陽の周りを、1秒間に30キロメートルの速度で周回しながら、太陽系は、銀河系の中心を中心として、秒速220キロメートルで公転しています。

秒速ですからね!

新幹線のぞみが、時速300キロメートルで、秒速83メートルです。

のぞみの6倍の速さで地球は自転しています。

そして、のぞみの360倍の速度で、太陽の周りを回りながら

さらに、のぞみの2650倍の速度で、銀河系の中心を中心として、グルグル回っています。

今、計算機で計算しましたw

秒速220キロメートルは、1秒間に220キロメートル移動するわけですから、直線距離で、1秒間に、東京駅から静岡県の浜名湖くらいまで移動します。

毎秒、毎秒、その距離を、私たちは地球と一緒に宇宙空間をブッ飛ばしています。

24時間、365日、休むことなく、猛烈な速度で移動しています。

ぜんぜん感じませんが。

感じないどころか、止まっているように感じますよね。

それで、今までの人生で、何度も、私は地球に、「今、止まってくれ!」と言ったことがあるんですが、地球はぜんぜん聞いてくれません。

まあ、私が「止まってくれ」と言ってるのは、太陽の周りを回る公転だけを止めてくれと言ってるんですよ。

自転と、銀河系を回る公転はそのままでいいです。

気温を9月末の気温にとどめておきたいだけですから。

しかし地球は、私の言葉になど聞く耳を持たずに、初志貫徹で、グルグル回転しながら、じゃんじゃん動き回ります。

2~3日前にも地球に言いましたが、まったく聞いてもらえませんでした。

ですからもう、これからどんどん寒くなりますよね・・

暑いのも嫌ですが、寒いのも嫌です。

いや、暑いのは、服を脱げばいいじゃないですか。

寒いのは、どんなに着ても寒いんですよ。

それに、なんか、寒いと、心まで寒くなって

「タケチャンマンがいてくれたらなぁ・・」みたいな気持ちになりますよね(笑)

・・・うーん

しかし、よく考えると、やっぱり暑すぎるのも嫌ですね。

猛烈に暑いあの感じ。

いろんなものが腐ったり・・・

なんか、もう・・

ジリジリジリジリ・・・太陽光線が・・・

わかります。夏が嫌いな人の気持ちが。

ですから、今がいいんですよ!

今、9月末の今!

今、地球が太陽の周囲を回る公転をやめれば、ずっと今の季節のままです。

まあ、いいです。

あり得ない架空の話をずっと話すのは・・

---------------------------

しかし、これからどんどん寒くなりますが、犬のイベントはこれからですよね。

犬は、暑いのはダメですが、寒いのは平気ですし、ロングヘアーの犬たちは、これからどんどん毛が長くなって、美しくなっていきます。

ですから、WestminsterもCruftsも、毎年2月と3月に開催されます。

最も犬が美しくなるときですからね。

しかし、今日私がみなさんにお伝えしたいことは、ドッグショーに関することではありません。

まあ、無関係ではありませんが、直接は関係していません。

これから犬のイベントが増えていきますから、様々な国に行かれる方も多いと思いますが・・

冬ですから寒いですよね。

さっきから何度も言っています。

これからどんどん寒くなります。

そのとき!!

ここからが本題です。

イントロが長かったですね、今日は。

「どんなに寒いときでも、白人の中には、とても暑がりが多い!!」

これです!!これが今日の本題です!!

もちろんすべての白人がそうではありません。

しかし、相対的に、白人は、暑がりが多い。

いや、これは正確ではありません。

これは、日本人を基準にして、日本人の目線からの意見です。

白人から見れば、日本人は寒がりが多い。ということになります。

ですから、片方のサイドからのみの発言を避けるならば

「白人と日本人が体感する、心地いい温度には、大きな開きがある」

これですね。

これによって、日本人サイドからだけの、身勝手な意見ではなくなります。

とにかく白人と日本人は、極端に、心地いいと感じる体感温度が違うんですよ。

2月のWestminster(ニューヨーク)に行くと、雪が降る日もあるくらい、まだ寒いです。

3月のCrufts(イギリス・バーミンガム)も、そうです。雪が降る場合もあるくらい寒いです。

そのとき!!

白人の中には、タンクトップの男女がいます!!

日本人はダウンを着て、ダウンの下にも何枚も着て、ヒートテックパンツを何枚も履いて、その上にパンツを履いているにもかかわらず、白人は、タンクトップの人間がいるんです!!

日本人から見ると、ありえないですよね!!

しかぁし!!

別に、街の中で、日本人がダウンを着ているときに、白人がタンクトップでいても、何も問題はありません。

それぞれの人が自由にすればいいです。

他人がとやかく言うことではありません。

他の人に迷惑をかけているわけではありませんから。

しかし問題なことがあります・・

それは・・

ものすごく問題なんです・・

行きと帰りの飛行機の中です。

ニューヨークとロンドン

直行便でも12時間くらいのフライトです。

12時間ですよ。

2月と3月ですよ。

飛行機は、33000フィート上空を飛んでいるんですよ。

外はマイナス60度ですよ。

まあ、外の気温が、そのまま機内に影響するわけではありませんが。

アメリカ、ヨーロッパの往復便には、多くの白人が乗っています。

まあ、もちろん、往路のほうが多いですが。

そのとき!!

2月3月なのに、冷房を入れやがるんです!!!!!

手をかざすと、あの、冷暖房が出るところから、ものすごく冷たい風が出てきています。

いや、実際は、冷房というわけではなく、設定温度より機内の温度が高いと冷たい風が出て、低いと温かい風が出る。というエアーコンディショナーなんでしょうけど。

ですから、その設定温度が低すぎるんですよ!!

白人の乗客が、「暑い」と言い始めるんだと思います。

あるいは、白人が快適に感じる温度設定にされているのかもしれません。

そうすると、日本人は、寒くて寒くてたまりません。

多くの人が、鼻水がズルズル・・・

クシャン!!くしゃん!!と、カタカナとひらがなの、様々な種類のくしゃみを、あちこちで連発しています。

多くの人が風邪をひきかけています。

そして、機内のブランケットを膝と肩に2枚掛けています。

それでも寒いです。

しかしみんな何も言いません。

ですからすぐに私はCAを呼んで

「ちょっと寒いんですけど。温度を上げてもらっていいですか?」

5分くらいすると、冷たい風が来なくなって、温かい風が出てきます。

そして機内の温度も快適になって、みんな、鼻水もくしゃみも治まります。

「よかった。よかった」

と思って、30分~1時間くらいすると・・・

白人が落ち着かなくなります。

席を立って、せまい通路を、行ったり来たりし始めます。

そして、みんなソワソワし始めて、しばらくすると・・

急に、機内の温度が下がり始めて

また設定温度が下げられ、冷たい風が出てきます。

白人は落ち着きを取り戻して、本を読んだり映画を観たりしています。

日本人は、鼻水が出てきて、くしゃみを始めます。

この繰り返し

私は、目的地に到着するまで、何度も、「寒いから温度を上げてくれ」と言いますが、白人の誰かが、「暑いから温度を下げてくれ」と言います。

2月3月に冷房を入れやがるんですよ!!

そしてこれが、日本の航空会社の場合は、まだいいんですが、海外の航空会社の場合、それも、イギリス系白人の国の航空会社の場合・・・もう最悪です。

体がデカいし、脂肪が多いので、やっぱり日本人より暖かいんでしょうね、常に。

ニュージーランド航空でニュージーランドに行く場合、何度寒さで死のうとしたか・・・

夏なのに、寒さで、凍えようとしました。

CAも白人ですから、日本人が寒いと言ってるのが理解できないんですよね。

さらに、CAは動き回っているものですから、ただ座っている私たちより暑いんですよ。

夏は、20度くらいに設定してあります。

とても寒いです。

アメリカは「ユナイテッド航空」「ノースウェスト」が多いですし、イギリスは、「ブリティッシュエアウェイズ」、ヨーロッパは、「ルフトハンザ」、「KLM」、「エールフランス」、ニュージーランドは、「ニュージーランド航空」、オーストラリアは、「カンタス」か、「バージン」、これらに乗る機会が多いと思いますが、夏も冬も、日本の方は、寒さ対策を怠ってはいけません。

飛行機の中で風邪をひきますよ。

行きの飛行機の中で風邪をひいたら、最悪です。

ちなみに私は、先にお話しさせていただきました、ニュージーランド航空の機内が好きです。キレイだし広いし、映画も充実しています。

しかし、先にお話ししましたが、ニュージーランド航空は、機内が死ぬほど寒いです。

夏も冬も寒いです。

日本の夏は、南半球にあるニュージーランドは冬ですし、日本の冬は、ニュージーランドは夏ですが、夏も冬も、ニュージーランド航空の機内はどっちも寒い!!もう、寒くて寒くてたまりません。

CAに、「寒い」って言うんですが、「え~!そ~お??」みたいな雰囲気で、少しは温度を上げてくれますが、それでも寒いです。

みなさん!

海外のドッグショーや、ブリーダーの犬舎に行く場合は、飛行機の中での寒さ対策を行ってください。

夏も冬も極端に温度を下げられる場合があります。

真冬にタンクトップでいる人たちと一緒に、同じ空間に12時間いなければならない。ということを理解しておくことが必要です。

★下の動画は、今年ニューヨークに行ったときのものですが、Westminsterが終わって何日か経ったときのものですが、夕方、雪が降り始めました。なんでもないただのニューヨークの街の中の動画ですが、Westminsterが終わったときに雪が降るということは、Westminsterの最中も雪が降る可能性は十分あるということをお伝えしたくて、ご紹介しました。最初の写真も、この動画から取ったものです。

https://www.youtube.com/watch?v=Z81IL4KcmLo
Pass :
Joel

Re:犬についてのエトセトラ 2

2018/09/08 (Sat) 12:09:47
おっしゃる通り、為替というのは、犬を輸入する場合に重要な要素です。

例えば、1ドル=90円の場合

10000ドル送金するとき=90万円ですが

1ドル=120円の場合

10000ドル送金するとき=120万円になります。

30万円違います。

100000ドルであれば300万円違います。

ですから、為替が有利の場合、どうしても全額送金したいとおっしゃる方がいらっしゃいますが、早い段階で全額送金すると、そのあと海外の人たちは、犬の面倒を見なくなったり、犬をドッグショーに出さなくなったり、そのほかやるべきことを何もしなくなったりします。

あるいは、最初の犬と違うダメな犬を送ってきたり、そのまま音信不通になったり・・

そうなってしまうと、為替で得た利益などでは補填できない、大きな損害を被る場合があります。

匿名さんは、犬の輸入に慣れていらっしゃるようですから、そのようなことはないと思いますが、初めて犬を輸入される方や、まだ犬の輸入に慣れていらっしゃらない方は、為替のことだけを考えて取引すると、あとで取り返しのつかないことになる場合がありますので、十分注意が必要だと思います。
Pass :
匿名

Re: 犬についてのエトセトラ 2

2018/09/07 (Fri) 23:57:22
書く言う当方も一昨年の米国大統領選挙の煽りを受けて為替レートで円安になり若干高くつきましたよ。

せめてボーディングコストを少しでも安くしたかったのに・・・

次の輸入についてもどうしようか悩みの種が尽きません。
Pass :
Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ s:4F4F][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ s:512B][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]